2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年06月24日

F1のマシンで染め上げるペイントアート「Criando arte com Lewis Hamilton」

アートを描く為の道具は様々なものがありますが、今回紹介する「」は一風変わっていて、筆などではなく、作品を仕上げる為にF1マシンを使ったアートプロジェクトです。赤と銀のインクで作られた道の両サイドにパネルが立てられ、その道をF1マシンが走り、その走った衝撃で、インクを両サイドのボードに叩き付けて描写すると言う物です。

akzonobelcar.jpg

メイキングから、実際に行なわれるところまでを描いた動画がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から
続きを読む
posted by admin at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ダンボールで作る雲「cardboard cloud」

日本でもいたるところで利用されているダンボール。その強度と扱いやすさから様々な用途で使われていますが、今回紹介する「cardboard cloud」はそんなダンボールを使ったアート作品です。

donbollart01.jpg

上記のように350m2と言うかなり大きな空間を要する展示ホールの空間を使ってダンボールを設置、その数300以上にものぼるそうです。その集合体はタイトルの「cardboard cloud」と言うとおりダンボールで作られた雲の用に見えます。写真がいくつか公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

エアトラフィックを3次元で可視化する「air traffic network simulation」

世界中を網の目のように運行されている航空機、その航空機が描く軌跡を作品の題材にしているアート作品をたまにみかけますが、今日紹介するのはそんなの世界の航空機の軌跡をテーマに作られた映像作品「air traffic network simulation」です。

airtraffec3d.jpg

平面的ではなく立体的に、様々な見せ方で表現されています。実際に操作している動画がYouTubeにアップされていましたので下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月23日

平面と空間、そして物を使った新しいストリートアート「EARS, TEARS, & FEARS.」

今まで様々なグラフィティアート、ストリートアートを紹介してきましたが、普通壁面にグラフィティを展開したり、街の物を何かに見立ててそこに絵を加えて展開すると言う形ですが、今回紹介するアート「」は少し変わっていて、平面と空間、そして物を使って表現すると言う新しい形のストリートアートです。

Juggler_After.jpg

平面に描かれたアートが活きるような形で、様々な工夫がなされています。空間的に展開している作品はなかなか写真では伝わりづらい物がありますので、実際のアートの場を撮影した動画がvimeoに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

新宿を映し出したタイムラプス動画「static : pulse (Tokyo time lapse)」

最近ではユニクロがプロモーションに使ったり、動画が個人でも撮影、編集できるようになって様々な場所でタイムラプス動画が撮影されていますが、今日紹介する「static : pulse (Tokyo time lapse)」は新宿を映したタイムラプス動画です。実際の動画がYouTubeにアップロードされていましたので、下記に貼付けておきます。



新宿の高層オフィスから、雑居ビルが集まる繁華街、首都高速、などなど様々な新宿の風景がタイムラプス堂がで収められています。大糸会の光の流れ、街をバックにして繰り広げられる自然など、魅力的に撮影、編集されています。また同じく新宿を舞台に撮影された動画がvimeoにアップロードされていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月22日

ポリゴンのようなファッション「Irina Shaposhnikova ‘Crystallographica’」

様々な前衛的なファッションが日々生み出されていますが、今日紹介するのは一昔前の3Dゲームのようなポリゴンのような表現を服で表現した「Irina Shaposhnikova ‘Crystallographica’」です。

poligon.jpg

カクカクとした表面の作りはいままでにない世界を作り出しています。こちらのファッションを使ったプロモーションビデオがvimeoにアップされていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

電飾で描くアート「Everything is illuminated」

電球やLEDを使ってのアート作品は今までDesignworksでも多々紹介してきましたが、今回紹介する「Everything is illuminated」は電飾コードを繋げて一筆書きのように人物を描くアート作品です。
lauraprofilepic01.jpg

使われている電飾コードは特殊なものではなく、クリスマスツリーや家庭でのイルミネーションなどに使われる一般的なもののようです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月20日

ステンシルで描かれた二人の悲しい愛「"To Die For" On The Streets Of Athens」

様々なストリートアートを紹介してきましたが、今回はアテネで行なわれている第2回アテネビエンナーレで公開されているイギリス人アーティスト「BOXI」の作品「"To Die For" On The Streets Of Athens」を紹介したいと思います。

TO-DIE-FOR2-thumb.jpg

こちらの作品はステンシルのみでえがかれ、幾重にも重ねられたレイヤーでまるで写真のようなリアリティを生み出した作品です。作品のメイキングの様子がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月19日

思い描いた未来はすぐそこに!?未来を描いた映画のタイムラインをまとめた「 Timeline Shows Current Time Relation To Futuristic Movies」

近未来をテーマにした映画作品は多々あり、様々なジャンルで映画が作られていますが、今日紹介する「 Timeline Shows Current Time Relation To Futuristic Movies」はそんな未来の映画のタイムラインをまとめたものです。

future-movie-chart.jpg

作品別にその作品の舞台になった年数が時系列順に描かれています。早いものでもう2009年。映画通りに行けば、ロボコップがこの世に生み出されるまで、バックトゥザフューチャーの未来で見たホバーボードが市販されるまであと6年と迫っています。

詳しくは以下
続きを読む
posted by admin at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

デジタル一眼で映す北京の今「Canon EOS5DmkII, One night in Beijing.」

中国の首都、北京。去年北京オリンピックがあり、その様子が度々様々なメディアに紹介されていましたが、今日紹介するのは普段の北京の人達の様子を写し出す映像作品「Canon EOS5DmkII, One night in Beijing.」です。

digitalbeigin.jpg

デジタル一眼のCanon EOS5DmkIIを使って北京の街の様々な様子が描かれています。実際の動画がvimeoにアップされていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から続きを読む
posted by admin at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative