2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2009年06月18日

服で作るキャラクター「Fashion Faces」

ふとした瞬間、ふと目にしたものが人の顔に見えたそんな経験はないでしょうか?Desigworksでもそう言った視点で描くアートをいくつか紹介してきましたが、今日紹介するのは服を使って顔を表現したアート「Fashion Faces」です。

fukunokamen.jpg

上記のように一枚の服を折ったりたたんだりして見事にキャラクターを作り上げていきます。もとが服なのでかなり柔軟な動きができ、そんな特性を活かして、表情を付け、喋りを付け加えた動画作品がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月17日

絆をテーマとした「2009年新聞広告クリエーティブコンテスト」開催

2002年からスタートし、毎年見る人をハッとさせるような素晴らしい新聞広告作品が選出されている「新聞広告クリエーティブコンテスト」が今年も7/14から応募が開始されるそうですので紹介したいと思います。

kizuna.jpg

今年のテーマは「絆」。全国のクリエイターを対象に、プロアマ問わず優秀な新聞広告作品が広く募集されます。新聞広告だからこそ表現できる独特の世界観を感じることができるコンテストとなっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月15日

外国人から見た東京「TOKYO JAPAN」

以前「海外から見た日本「Sandro Diener:Japan」 」と言う記事で、日本人とはまた少し違う視点で捉えた写真作品を「Sandro Diener:Japan」を紹介しましたが、今日紹介する「TOKYO JAPAN」も外国人写真家の「Chris Jongkind」が捉えた東京を写しだした写真作品の一つ。

tokyojapangai.jpg

日本最大の都市で、場所によって、街によって様々な表情を見せる東京を独自の視点で切り取っています。Flickrに写真作品がアップロードされていましたので、下記にスライドショーを貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative

動物たちの今をリアルに伝える実験的な試み「A Zoo in Vienna」

皆さんは動物園と聞くとどんなイメージがありますでしょうか?ほのぼのとした動物を鑑賞する他、動物たちの整体を学んだり、どこにどんな動物がどんな暮らしを知れたりと学習できる場でもあります。しかし現実の動物園はリアルに動物たちの暮らしを伝えているかと言うところから実施されたのが今回紹介する「A Zoo in Vienna」

realzoo01.jpg

こちらのプロジェクトがはウィーンのシェーンブルン動物園で行われ、様々な動物たちのエリアで行われていて、写真が何枚か公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

チルト・シフトレンズを使った鉄道ムービー「gottardo nord」

ボケと色調を効果的に使うことで、ミニチュアのような風景を映し出す、チルト・シフトレンズを使った手法は数多くWEBで公開されていて、最近は写真だけではなく、動画で表現される事も多くなってきました。今日紹介するのはそんな動画の一つで、チルト・シフトレンズを使った鉄道ムービー「
gottardo nord」です、

tilttrain.jpg

大自然のなかを走る鉄道を美しく捕らえています。実際の動画がvimeoにアップロードされていましたので、下記に動画を貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative

LEGOで再現した名作映画のワンシーンまとめ「24 Lego Stop Motion Films Mimicking Cool Movies Scenes」

度々クリエイティブの題材になるLEGO。その自由度と高さやバリエーションの豊富さから様々なアートプロジェクトに使われていますが、今日紹介するのはLEGOで名作映画のワンシーンを再現したムービーを集めたエントリー「24 Lego Stop Motion Films Mimicking Cool Movies Scenes」を紹介したいと思います。


Terminator

ただのストップモーションではなく、音楽やセリフなども付けてあり、なかなか忠実に原作をLEGOで表現しています。いくつか動画が公開されていましたので、下記に気になった動画を貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

AR(拡張現実)を利用したバイオハザード風のゲーム「 ARhrrrr! 」

Designworksでも「AR(拡張現実)×エンターテイメント「Augmented Reality Magic 1.0」」や「AR(拡張現実)を使ったLEGOの店頭販促の試み」と度々お伝えしているAugmented Reality関連の試みですが、今回紹介するのは広告やPRではなく、ゲームにARを応用した「 ARhrrrr! 」です。

arhrrrrr.jpg

ゲームはカメラがついたタッチパネル対応のiphoneのような端末を使って行われます。フィールドマップは一枚のシートが用意されておりそれを端末で写すと立体的な街が展開されます。実際にゲームを行っているプロモーションムービーがYouTubeに公開されていましたので。下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | Creative
2009年06月14日

BANKSYオフィシャルエキシビジョン「Banksy versus Bristol Museum」

グラフィティアーティストでは伝説的なイギリス出身のグラフィティアーティストで、ロンドンを中心に世界中のストリートを舞台に作品を展開しているBanksy(バンクシー)。Designworksでも主催のイベントを「」と言う記事でお伝え致しましたが、そのBanksyのオフィシャルエキシビジョン「Banksy versus Bristol Museum」が先日6月13日から開催されています。



上記はティザーで開催されていた動画です。この他にBBCが現地の様子をレポートした動画を公開していましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2009年06月12日

ポストイットでピクセルアートを描く映像作品「DEADLINE post-it stop motion」

今までポストイットを使ったアート作品やクリエイティブは「90人以上のアーティストが描き出すポストイットアート「Post-It Show 3」」や「28万枚のポストイットを使った映像作品「EepyBird's Sticky Note experiment」」といった様にいくつか紹介してきましたが、今日紹介するのはポストイットでピクセルアートを描く映像作品「DEADLINE post-it stop motion」です。

deadlinemovie.jpg

PCの前にいる人と連動して壁をスクリーンのように見立て、ポストイットで描かれたピクセルアートが動きまわります。実際の動画がYouTubeにアップロードされていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

マッチ箱でクリエイティブ!マッチ箱ムービー「LAÏKA」

日本でも様々なシーンで使われるマッチ。今日紹介する「LAÏKA」はマッチとマッチ箱で繰り広げられるムービーです。ムービーを通してストーリーがあるわけではなく、様々なシーンが連続して繰り広げられています。

luikamatchmovie.jpg

シーンはかなりの数が収録されていて、生命の誕生から、ロボット達のダンス、ロケットの打ち上げ、タイポグラフィ的なものなどなど様々な表現がマッチとマッチ箱によって繰り広げられています。実際の動画がvimeoにアップロードされていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative