2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年10月01日

建築物の外観を変化させる映像「Augmented space」

建築物の外観は基本的には一度立ててしまったら、そうそう変わるモノではないというのは誰もが同じ認識だと思いますが、今日紹介するスペイン人アーティスト「Pablo Valbuena」による「Augmented space」はその常識を打ち破るプロジェクトです。

valbuen.jpg

ただトランスフォームしていく建築物というわけではなく、建物の表面に映像を映し出し、実際に壁が動いているように見せかけるとのことです。イマイチ言葉だけでは伝えづらいのですが、実際動いている動画が公開されていましたのでご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年09月30日

プロモーションに使えそうなWindowsカーソル型の凧「WindFire Cursor」

普段Windowsを使っているなら毎日目にするカーソルアイコン。それを利用した凧が今回紹介する「WindFire Cursor」です。その姿はまるでWindowsのカーソルアイコンが現実世界に現れたような感じを作り出すことができます。

CursorKiteTalkGod.jpg

この矢印に指されるといやでも注目してしまいます。写真は作られた感じがしますが、実際人が沢山いるビーチで「WindFire Cursor」を飛ばしている動画がYouTubeに公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

建物の壁に巨大な写真を貼り付けるストリートアート「JR」

今までストリートアートの話題は多々紹介してきましたが、今回紹介するのは建物の壁に写真を貼り付けて作品を作るフランスのストリートアーティスト「JR」です。その作品は超巨大で、街自体を作品にしてしてまいます。

jrarts01.jpg

今回はJRの作品の中でもリオデジャネイロのスラム街で行われたファヴェーラ「The Hills Have Eyes」について紹介したいと思います。いくつか写真が掲載されていましたので、下記に貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年09月29日

プロのイラストレーター作品をレンタル・オーダーもできるブランド「pict」

デザインの制作をしている時、素材やデザインのメインビジュアルとしてイラストを使いたいと思ったこと、デザイナーなら誰にでもあるのではないでしょうか?そこで今回は、プロのイラストレーターの作品をレンタル・またオーダーすることもできるブランド「pict」を紹介したいと思います。

pict width=
(pictサイトトップ)

イラストエージェンシーの「アスタリスク」と「ビジョントラック」が共同で運営するブランドで、現在217人もの個性溢れるイラストレーターの方たちが活躍しており、イラストを使ったデザインをする際には、是非目を通しておきたいブランドだと思います。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

成功した10のリデザイン-ロゴの場合「10 successful logo redesigns」

ロゴというのは企業や団体を表すために非常に重要な役割を果たします。それだけにデザインする時も慎重、議論を重ねて作りあげられていくモノだと思いますが、時代の流れや会社自体の変化などで必ずし十分に議論を重ねた結果作られたものだとしても使い続けることが良いとは言えない場合があります。しかし重要なものだけにある意味作るよりも変える方が難しい…。

toys-r-us-logo.gif
Toys R Us

そこで今日紹介する「10 successful logo redesigns」はロゴデザインをリデザインして成功した事例を集めたエントリーです。全部で10個のリデザインの事例が紹介されていますが、今日はその中から特に気になったものをいくつか紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年09月27日

口をつければ何でも人の顔に!写真プロジェクト「Smile」

人の顔のように見える物の写真を集めたブログを以前「色々な所に顔を見つけるブログ「Faces in Places」」と言う記事で紹介しましたが、今日紹介する写真プロジェクト「Smile 」は物や場所に笑った人の口のシールを貼って人の顔にするというものです。

artlsmailes.jpg

この口がかなりリアルなので可愛いとはならないのですが、かなりインパクトがあります。Flickrにてsetで公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ドミノを組み上げてドミノ倒しする、新感覚ドミノ「Dominoes Made Of」

今までドミノをテーマにしたアート作品は「今までドミノをテーマにした作品は「ドミノで繋ぐストーリー「Fairytales in dominoes:Snowwhite!」」や「村全体を使ったギネスビールの壮大なドミノ広告」などいくつか紹介してきましたが、今回紹介する「Dominoes Made Of」はドミノを組み上げて、一つのドミノを作り、その作ったドミノで新しい感覚のドミノ倒しです。

dominonews.jpg

はじめはCGかと思いましたがどうやら現実みたいです。実際組み上げから、倒す所までのムービーが公開されていましたので、下記に貼付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年09月25日

糸とピンで描かれた鉄塔と送電線「debbie smyth at tent london」

9月にロンドンで開催されたプロダクトから建築まで様々なデザインを取り扱うデザインフィステバル「TENT LONDON」の展示作品の一部として公開された鉄塔と送電線のデザイン「debbie smyth at tent london」がとてもユニークです。この作品はコンピューターグラフィックなどでは無く糸とピンを使って生み出されたものです。

pintoito01.jpg

糸と釘で作られていると言われれば上記の写真をみると、確かに普通の絵にはない立体感みたいなものを感じます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年09月23日

28万枚のポストイットを使った映像作品「EepyBird's Sticky Note experiment」

Designworksでは今までポストイットを使ったアートをいくつか紹介してきましたが、今日紹介するのはMentosとDiet Cokeを混ぜるビデオで世界的に有名になったEepyBirdがポストイットを使って作った実験的なムービー作品「EepyBird's Sticky Note experiment」です。

postitmovies.jpg

ポストイットを当たり前に使うのではなく、今までになかった全く新しい形でポストイットを使って映像を作りあげています。実際の動画がvimeoで公開されていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年09月22日

世界中のオリガミ作品を集めたFlickrプール「Foldingfreaks Origami」

伝統的な遊びで日本でもなじみの深いオリガミ。日本だけではなく世界中で様々な作品がつくられています。今までDesignworksでも様々なオリガミ作品を紹介してきましたが、今日紹介するのは世界中の様々なオリガミの作品が集められたFlickrプール「Foldingfreaks Origami」。

origamiwolrd.jpg

「Foldingfreaks Origami」では花や動物、食べ物からスニーカーまでと本当に様々なオリガミ作品が公開されています。Flickrプールですので、下記にスライドショーを貼り付けておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative