2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年05月22日

21_21で開催 アートディレクター浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡」開催

毎回開催される企画展が常に人気を集めるアートギャラリー「21_21」。管理人毎回とても楽しみにしています。そして、7月から公開される新しい企画展が発表されました。今回は、アートディレクター浅葉克己さんがディレクションを務める「祈りの痕跡」です。

祈りの痕跡

日本の広告デザインの第一線で活躍し、文字を使ったアートを手がけることでも知られる浅葉克己さんによる「祈りの痕跡」は、会場が文字に包まれる不思議な空間となりそうです。タイポグラフィに興味のある方にはとても刺激になりそうな展示会ではないでしょうか。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年05月21日

ピアノの構造的な魅力を写すFlickrプール「The Architecture of the Piano」

ピアノと聞いて皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?真っ黒なグランドピアノだったり、ピアノの中の弦の部分だったりと関わり方によって、思い浮かぶイメージは人それぞれだと思いますが、今日紹介するFlickrプール「The Architecture of the Piano」はピアノの構造にスポットをあてた写真集です。

pianokouzouphoto.jpg

なかなか普段からピアノに触れていないと、構造なんて気にしないかもしくは見ないと思います。「The Architecture of the Piano」はそんな普段見る機会がないピアノの別の顔を見ることができます。Flickrにて公開されていますので、下記にスライドショーを貼っておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

500万個のLEOGを使った名シーン再現プロジェクト「5 Million-Piece LEGO Boulder Chases Indy」

今までLEGOを使ったプロジェクトは多々紹介してきましたが、今回紹介する「5 Million-Piece LEGO Boulder Chases Indy」はシンプルだけどかなり大規模なプロジェクトです。

lego500millon.jpg

この「5 Million-Piece LEGO Boulder Chases Indy」とは名前の通り、500万個のLEGOで作られた大きな巨石がインディージョーンズに扮した男を追いかけるという物です。YouTubeに動画がアップロードされていましたので、下記に貼り付けておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年05月19日

「せんとくん」対抗キャラ投票始まる。

全国的に話題になった2010年に奈良で行う「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターデザイン「せんとくん」様々な意見や物議が飛び交ったある意味最近のキャラクターの中ではもっとも話題を集めたキャラクターですが、その独特な個性から反対意見も多く、WEB上で対抗するキャラクターが募集されていました。

senntokunn01.jpg

今回その公募から選ばれた最終候補30点が選ばれ、どのキャラクターが最もふさわしいかWEB上で投票を行っています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creative

シャネル主催のアートプロジェクト「MOBILE ART IN TOKYO」

2年間かけて世界の主要都市7都市をパビリオンごと巡る、世界的な規模で展開するアートプロジェクト「MOBILE ART IN TOKYO」。本校をですでに開催されたようですが、2008年5月31日(土)ついに東京・代々木にやってくるみたいです。

tokyomobileart.jpg

アートプロジェクトの名前「モバイルアート」とは携帯電話を絡めたという意味では無くて、前段にも書いたとおり作品を展示するパビリオン自体が移動可能な建築物となって各都市を巡回するということからモバイルと名付けられているそうです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ブランドロゴイメージを数式で読み解いた「Equações Logomáticas」

ブランドのロゴマークは恐らくどんなロゴでも、色々な思いやコンセプトを元に制作され、意味がある物だと思います。今日紹介する「Equações Logomáticas」はそんなブランドロゴマークの期限を紐解く方程式が紹介されているおもしろいエントリーです。

logomarkmath01.jpg

例えば少し前のレインボーのアップルのロゴは上記のような形で表されていました。意味はまったく違うかもしれませんが、ロゴマークから考えればなるほどと思えてくる数式です。その他にもいくつか紹介されていましたので下記に紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年05月18日

Mac上の動作と連動するPV「Use a Mac to video clip」

iTunesで曲を流しながら、その歌詞を曲と連動させてプロモーションビデオにしあげているのが今回紹介する「Use a Mac to video clip」です。photoshopやichatその他にもMacの様々な動作が曲と連動して動きます。

doitageinpv.jpg

デスクトップの動きといっても延々と作業が流れていると言う事ではなく、非常にスピード感があって楽しめる物に仕上がっています。実際の動画がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼っておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

The New York Timesを使ったソートアート「One Story At A Time」

普段目にする新聞。一つのメディアとして国内外とわずに確立していますが、今日はかずある新聞の中でも最も有名な新聞の一つ「New York Times」を使ったアート「One Story At A Time」を紹介したいと思います。

newyorktimessort.jpg

上記の写真を見るだけではまったくなんだか分かりませんが、これはThe New York Timesの紙面を記事内のテキストをABC順にソートして、写真の色をピクセル毎にソートしているというものです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年05月17日

東京を記憶のみで描き上げる「Tokyo 360° view from memory」

世の中にはものすごい能力を持つ人もいるみたいで、今回紹介するサヴァン症候群の画家、Stephen Wiltshireもその一人、彼は目に見たものを瞬間的に記憶できる能力を持つそうです。今日紹介する「 Tokyo 360° view from memory」は全長10m、高さ1mの東京の大パノラマを記憶のみで描き上げるというアートプロジェクトです。

artstokyo360.jpg

東京を記憶するシーンから、絵を描き上げるまでの動画がYouTubeにアップロードされていましたので、下記に貼っておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 18:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creative

様々なキャラクターのペーパークラフトを無料で「CUBECRAFT」

今まで「セリフ付きペーパークラフト「Peparbird」」や「ペーパークラフトが思う存分楽しめるCanonの「PEPERCRAFT」」という記事で様々なペーパークラフト関連の情報をお伝えしてきましたが、今回紹介する「CUBECRAFT」はフィギュアのようなキャラクターペーパークラフトが無料でダウンロードできます。

cubecaracters01.gif

海外のサイトですが、日本でもお馴染みのマリオやドーモくん、ロックマンなどもありました。現在40体以上のペーパークラフトが公開されていて、新作はシルエットになって公開予定日まで描かれていました。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative