2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2008年02月13日

風船にカメラを付けて飛ばすプロジェクト「The Balloon Project」

小さなころ、空に飛んでいく風船を見て、一体どこまで昇っていくんだろう?どこまで行くんだろうと思いましたが、今日紹介するのはそんな疑問解決してくれるプロジェクト「The Balloon Project」です。

baloonpoject01.jpg

赤い風船を束ねてその先に小型カメラを付け空に放つという単純なものですが、子供の頃の記憶と相まって夢のあるプロジェクトだと個人的には思います。そのプロジェクトの動画YouTubeにアップロードされていましたので下記に貼っておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年02月12日

365本で日本を読む半世紀コピー展「コピージアム」が開催

広告を作り上げるのに必要な要素として、とても重要な役割を果たす"コピー"。インパクトのあるコピーはビジュアルと同様、見た人に強い印象を与え、その広告をさらに引き立ててくれます。逆にコピーがメインの広告もよく見かけます。

宣伝会議

今回紹介するのは、半世紀の間に世に誕生したコピーのうち、365本を選出し展示したアート展「コピージアム」です。なつかしいものから、最近良く耳にするものまで、幅広い年代のコピーを一同に楽しむことができます。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

アニマルをモチーフにしたA-Zタイポグラフィ「Twenty-Six Types of Animals 」

日本人の目線では捉えられない日本語のタイポグラフィアート」や「指紋で作ったタイポグラフィ「Fingertype」」など様々なタイポグラフィを紹介指摘mしたが、今日紹介する「Twenty-Six Types of Animals 」は例えばAなら「Alligator」、Bなら「Bear」と言った具合にアルファベットの順にその文字が頭文字になる動物をモチーフにして書体を作るアニマルタイポグラフィです。

twentyanimaltype01.jpg

書体はどれも独創的で、タイポグラフィにはそれぞれの動物の特徴がよく現れています。それぞれの書体と、その制作ラフみたいな写真がFlickrにアップロードしてありましたので、下記にスライドショーを貼っておきます。。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

芸術?それとも…猿かアーティストどちらが描いた絵か当てる「An artist or an ape? 」

芸術ってその人の感性なんでなかなか難しいところがありますが、今回はあなたの芸術の理解度を試すクイズ「Quiz: An artist or an ape? 」です。このクイズはアーティステックな絵が並んでいて、その絵の中には猿が描いた絵も混じっていて、その絵がアーティストが描いた絵か猿が描いた絵かを見極めるというものです。

artapes.jpg

結構どれもアートを感じてしまう、管理人は見る目が無いのでしょうか?自分のアート力を図るためとりあえず試してみました。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年02月11日

サンフランシスコを毎分記録する「Hi-Def SANFRANCISCO」

ストップモーションに関する記事は今までも何度かお伝えしていますが、今回紹介する「Hi-Def San Francisco」はサンフランシスコの街並を毎分キャプチャーして繋げて都市の1日移り変わりをストップモーションのように見せるプロジェクトです。

hidefsanfran01.jpghidefsanfran02.jpg

1分毎にソーサリトの丘からサンフランシスコを撮り続け、自動的に1920×1080にトリミングされ送られてくる仕組みを撮っているみたいです。そしてHi-Def San Franciscoではその写真を繋ぎ合わせて24時間を144秒にまとめた動画を作っています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

レコードジャケットと現実の合成写真を集めた「sleeveface」

今までレコードジャケットを現実マッチングさせて撮影する合成写真を「レコードジャケットと現実のコラボレーション「 Vinyl Sleeve Heads」」や「レコードとのジャケットと体の合成写真を集めた「LP portraits 」」と言う記事で取り上げてきましたが、今日紹介する「sleeveface」もそんな写真をひたすら集めたブログです。

sleevefaces01.jpg

今まで紹介してきたものは人の顔をレコードジャケットで当てがうという写真が中心でしたが、「sleeveface」では顔を半分だけとか、猫の顔に当ててみたりとユニークなものが多い気がします。見ていて気になったものをいくつか下記に貼っておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ピンホールポラロイドカメラの作り方「let's make a pinhole polaroid camera!」

先日「ポラロイド、インスタントフィルム工場を完全閉鎖」と言う記事で、ポラロイドフィルムが生産停止という悲しいニュースをお伝えしましたが、フィルムの前に2006年にカメラ本体の方も生産停止になってしまっています。今回はそんなポラロイドカメラが自作できる「let's make a pinhole polaroid camera!」というFlickrで紹介されているチュートリアルです。

polaroidpinhole01.jpg

よく自作で作るピンホールカメラが写真雑誌に載っていますが、このチュートリアルではそのポラロイド版を作る事ができます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年02月10日

SANYOのソーラーアークにみんなの想いを表示する「Dear GAIA-明日をつくる声。」

これまで、当ブログで「環境をテーマに絵本の世界をWEBに表現した「ENEOSランド」」や「地球のため息…「Breathing Earth」」など、地球環境に関するさまざまな企画webサイトを紹介してきましが、今回紹介するサイト「三洋電機|Dear GAIA -明日をつくる声-」も環境に特化した大規模な企画サイト。

sanyo

サイト上で、地球に対してのメッセージ、また大切な人へ向けてのメッセージを募集し、それをサイトに現れる地球のビジュアル上に表示してくれます。さらに採用されたメッセージはサイト上だけなく、SANYOのある大きな施設にも表示されるようです。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年02月09日

IT企業のロゴの進化をまとめた「The Evolution of Tech Companies’Logos」

Adobe、Microsoft、Canonなど様々な技術系の企業が存在しますが、進化しているのはテクノロジーだけではなく、その時代に併せてロゴも進化していっているようです。今日はそんなIT関連の企業のロゴの進化をまとめたエントリー「The Evolution of Tech Companies’Logos」を紹介したいと思います。


logo-ibm.gif
Source: IBM Archives


さまざまなロゴタイプの進化の歴史を上記のような形で、実際にその当時使われていたロゴを見せながら解説してくれています。多くの企業のロゴの歴史がまとめられていますが、今日はその中からいくつかピックアップしてロゴマークの変化の歴史を載せておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2008年02月08日

FAXのエラーをポジティブに利用した「FAX書道を味わう」

最近の電子メールで大きな画像等もストレス無く送れるようになって、あまりFAXを使わなくなってきていますが、それでも手書きですぐに同じものが送れると言う利点はまだPCには無い魅力で、今でもポイントポイントで使用する事があります。

nezumi.jpg

今日はそんなFAX関連の話で、FAXのエラーによって送られてきた画像をポジティブにとらえた「FAX書道」なるものを紹介したいと思います。いくつか公式ページに作品が公開されていますので、今日はその中からピックアップしていくつか紹介したいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative