2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年11月19日

Patra Warrassのぬいぐるみアート「Ted」

愛らしいフォルムと、可愛らしい顔のぬいぐるみ。誰しも子どものころに触れたことがあると思います。大人になってからも愛着がわいているものや大好きな方は大切にしているそんな人も多いかと思います。今日紹介するのはそんなぬいぐるみを使ったアート「Ted」です。

ted01.jpg

この作品はぬいぐるみと人間が一体になっているような不思議な世界観を表現した写真作品です。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

自給自足ができるエコな家「ZeroHouse」

最近環境問題が切迫した状況になっています。色々な所で環境問題を考えた商品や活動が行われいますが、家も環境問題を考えながら作る時代になりつつあるみたいです。今回紹介するのはNYの建築家スコット・スペクト(Scott Specht)氏がデザインしたエコロジーを考えた家「ZeroHouse」です。

zerohouse

この家は見た目はかなり変わっているのには訳があって、家庭で使う電力をソーラーパネルを設置しているため屋根が異様に伸びているみたいです。また屋根には2700ガロンの水槽タンクもあり、溜めた水を生活用水に使うことも可能だと言うことです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

人間臭い動物達を収めた写真集「HUMAN ANIMALS」

二足歩行していたり、キレイに髪型をととえられていてポーズをとっているようなどことなく人間臭い動物たちを集めたオンライン写真集が今回紹介する「HUMAN ANIMALS」です。たまに動物な人間も混じっていて面白いです。

HUMAN ANIMALS01

この写真集は前回「海の全てを語る写真集「Bering Sea Crabbing」」で紹介したベーリング海でカニ漁を営みながら写真家コーリー・アーノルド氏の作品です。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年11月18日

世界一小さいニンテンドーDSライト

ペーパークラフトについて「個性的なキャラペーパークラフトを配布する「3EyedBear」」や「ペーパークラフトで郵便局の世界を楽しむ「紙の郵便局」」と色々と紹介してきましたが、今回紹介するのはミニチュアサイズのリアルニンテンドーDSペーパークラフトです。かなり小さく、下記の写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、クリップぐらいの大きさです。

世界一小さいニンテンドーDSライト

かなり精巧でよく見れば紙とわかりますが、パッと見、本物に見間違えるような作りです。このニンテンドーDSのペーパークラフトの実際組み立てている所がYouTubeで公開されていましたので下記に貼っておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ピタゴラスイッチを手書きで体感できる「Crayon Physics Deluxe」

今回紹介する「CrayonPhysics」は新しい感覚のパズルゲーム、このゲームは自分が書いたものが現実世界と同じように、他のものに影響を及ぼすと言うものです。ルールは赤い丸と☆が画面上にかかれ、自分が描いたものを使って赤い丸を☆に導くというものです。

CrayonPhysics

クリアの方法は無限。自分の好きなようにものを書き、仕組みを考えて、クリエイティブにゲームができます。実際のゲ−ムプレイ動画がYouTubeで公開されていましたので下記に貼っておきます。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creative
2007年11月17日

焼かないと見れない報告書「Well Done」

最近は印刷の技術も進化していて様々な手法や加工の印刷物が世の中に出回っていますが、今回紹介する。食品会社「Podravka d.d.」の報告書は一風変わった物になっています

焼かないと見れない報告書

この報告書は一部のページを除いて何も書かれておらず真っ白のページが続いていると言うものです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

文房具で作るストップモーション「The Gum Thief」

今までストップモーションは「デジタル+アナログなほのぼのストップモーション」や「光を使ったライトセーバーバトルなストップモーション「Star Wars v Star Trek」」などいくつか取り上げてきましたが、今回紹介するのは文房具で作られるストップモーション「The Gum Thief 」です。

YouTube - The Gum Thief by Douglas Coupland: Bethany, Part 1


最初も見たときは一体何で作ってあるのか分かりませんでしたがどうやらすべて、ホッチキスの芯で作られているみたいです。このシリーズは3までありその他の動画もYouTubeで公開されていましたので下記に貼っておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年11月16日

手編みの珊瑚礁「the Crochet Coral Reef」

言われなければ全く気がつかないほどのクオリティの高い珊瑚礁の編み物「the Crochet Coral Reef」。背景も海の中のような感じを出していて、写真で見るとまったく違和感がありません。

手編みの珊瑚礁

すべて手作業で編み込まれていらしく、羊毛を使っているとのことです。珊瑚を編み物で表現したのはのはゆっくりと成長していく珊瑚にゆっくりとできていく様を重ねたと言うことらしいです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

月からの信号を音符に変えて月光を演奏するプロジェクト「earth-moon-earth」

月からの信号と言っても月から交って発信されているわけではなく、このプロジェクトはベートーヴェンの「月光」をモ−ルス信号にして月に送り、跳ね返ってきた信号から音符を復元し、ピアノで演奏するというものです。

月光のモールス信号

上記は実際に月に送ったモールス信号は写真です。この他にも実際の信号の音声やスコアが公式サイトには公開されています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年11月15日

Watdesignが作るピクセルインテリアアート

今までピクセルアートは「10,000ピクセルを超える超巨大ピクセルアート」や「シャツのグリッドを利用した刺繍アート、ピーチ姫が袖に登場」など色々と紹介してきましたが、今回はWat Designが作るピクセルインテリアを紹介したいと思います。

ピクセルアートインテリア

このインテリアはILSEメディア本社におかれていて、すべて平面のパネルで作られており、かなり巨大でゲームの世界から現実世界に飛び出してきたような見た目をしています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative