2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年10月19日

ボール紙で作られたリアルアート「Chris Gilmour’s Cardboard Sculpture」

最初は木製のおもちゃかなと思いましたが、実は下記の写真の自転車はすべてボール紙でできています。乗ってしまってもおかしくないくらい精巧に作られています。

ボール紙アート

驚く事にコチラの作品は金属や木、プラスチックなどボール紙以外の素材は全く使われていいないそうで、全てボール紙と接着剤で制作されているとの事です。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月18日

物そのものの魅力に迫るポートレート写真生み出す「Miles Thistlethwaite」

物のみの切り抜き写真、ポートレート写真をひたすら撮り続けている「Miles Thistlethwaite」なかなか単体では見ないだろうなと言う物がその物だけのポートレート写真で収められています。

peparbag.jpg
pepar Bags

現在取り上げられているのは「pepar Bags(紙袋)」と「Washing-Line Portraits(洗濯物)」どちらも単体で見た事が無いものだけになんだか非現実的な写真に仕上がっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

15種類のクリエイティブな靴ひもの結び方を集めた「GUIDE TO LACING」

靴ひもの結び方ってスタンダードな結び方が確立されていて、そこを考えるという発想が全くなかったのですが、海外のサイトで色々な靴ひもの結び方を提案しているサイトがありましたので紹介したいと思います。

靴ひもの結び方

GUIDE TO LACING」ではスタンダードに近いものから、全く新しい物まで全部で15種類の靴の結び方が紹介されています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月17日

音を視認できるような補聴器のパッケージデザイン

物を買ってパッケージを開封する瞬間と言うのは、なんともドキドキする物で、最近のデジタルガジェットは高級感を持たせていたり、ちょっと変わった作りだったりと色々とワクワクさせてくれるようになっているような気がしますが、今回紹介する補聴器のパッケージはそう言った面ではかなり優れています。

補聴器のパッケージ

上記がその補聴器のパッケージです。補聴器なんでやっぱり波形かと、最初見た時はありきたりな感想しかありませんでしたが、開封動画を見て印象は一変しました。言葉では伝わりづらいかと思いますのでまずは動画をご覧下さい。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月16日

究極のバラし画像まるでプラモデルのような車の解体写真

有名なガジェットが出ると最近必ず行われるバラしレボート。何でできているかとかどういう仕組みになっているかと言うのは興味が出てくる物です。今日紹介するのは一枚の写真ですが、究極のバラしとも言える物に仕上がっています。

車のバラし

上記写真を見ればお分かりになると思いますが、車一台がまるっとばらされて整然とおかれています。これを組み立てれば一台の車に戻りそうと思わされるぐらい完璧に配置されています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月15日

驚異的な力…核の炎を収めた写真「Canopus」

「Canopus」とは1968年に撮影されたフランスの核実験のコードネームでこの核実験はフランスがファンガタウファ環礁で行われた物だそうです。この核実験でフランスは第5の核保有国になったとされる実験です。

Canopus

上記の写真を見ても分かりますが、この世の物とは到底思えない光景です。その他写真がFlickrで公開されています。4枚と少ないですが下記にスライドショーを貼っておきます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月14日

症状チェックから病院検索まで 体調をトータルにサポートするサイト「ここカラダ」

生活をする上で体調管理はとても大切です。健康第一と言われるように、仕事をする上でも遊ぶ上でも、カラダにとって毎日健康に過ごせることが一番大事だったりします。しかし、時には具合が悪くなったりどこかが不調を訴える事も少なからずあると思います。

ここカラダ

そんな時に便利なサイトを紹介したいと思います。「ここカラダ」は病院検索をメインに、体調状態や病院・薬に関する知識を知る事ができる、健康トータルサイトです。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | Creative

暗黙知に挑戦するデザイン「Everything is ok」

黄色いテープに黒い斜線がならんでいる。多くの人はこのデザインを見たとき、立ち入り禁止だとか、工事中だとかそう感じてしまうと思います。今回紹介する「Everything is ok」はそんな既成概念、暗黙知に挑戦する試みになっています。通常なら立ち入り禁止とか危険とか書かれていそうな所に「Everything is ok」と書かれています。

everythingok.jpg

何を目的でと実用性を考えてしまうとちょっと理解に苦しみますが、サイトにはこれは現状に挑戦する新しいデザインとしています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月13日

アインシュタインの壁画から彫刻まで爪楊枝アートのまとめ

以前膨大な数の爪楊枝で作られた街「Toothpick City」と言う形で紹介した、膨大な数の爪楊枝を使って組み上げられた爪楊枝アートですが、あのインパクトにやられました。そして他にはどんな爪楊枝アートがあるんだろうと気になってきて、爪楊枝アートについて調べてみました。

tumayoujiart01.jpg
photo by alpower a Creative Commons license

調べてみると組み上げるだけではなく、爪楊枝を使った壁画や直国など様々なアートが爪楊枝をつかって展開されていました。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 12:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creative
2007年10月12日

ファイルキャビネットで作った摩天楼「the filing cabinet skyscraper」

オフィスで良く見かける机のに付属しているファイルキャビネット。そのファイルキャビネットを使ってものすごい物を作った方達がいます。それはファイルキャビネットを高さ65フィート(およそ20m)まで縦に積上げていった「the filing cabinet skyscraper」です。

キャビネットで作られたタワー

写真の撮り方にもよりますが、photoshopではと思うくらいに非現実的な作品になっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative