2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2007年08月17日

世界のおもしろい鉛筆を紹介する「A Dozen Pencils」

小さい頃から、仕事に就いてからもお世話になっている鉛筆。あまりこだわりは無く、スタンダードな物を使っているのですが、今回紹介する「A Dozen Pencils」では様々なおもしろい鉛筆が紹介されています。

pencil0.jpg

「A Dozen Pencils」では様々なタイプの鉛筆が12本紹介されていますが、今日はその中でも目に止まった物をいくつかピックアップして紹介していきたいと思います。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

靴と人に注目した写真プロジェクト「THE SHOE PROJECT」

オシャレは足下からと良く言いますが、今回紹介する「THE SHOE PROJECT」。靴とそれを履いている人を取り上げた写真集です。ストリートスナップみたいな感じですが、人と靴に注目しているので、服の部分が写されていないのが特徴的です。

showphoto.jpg

人よりもどちらかと言うと靴に注目しているようで、こんな人はこんな靴を履いていると言う見せ方ではなく、こんな靴はこんな人に履かれていると言う見せ方になっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年08月16日

ロックバンド Polysicsのロゴコンテスト

国内のみならず海外でも評価が高く、今後も活躍が期待される4人組のロックバンド「Polysics」。彼等が、オンラインコミュニティ「My space」内のプロフィールで使用するロゴが一般公募されています。

myspace.jpg

Polysicsファンの人やロック好きの人に最適なコンペです。

詳細は以下

続きを読む
posted by admin at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

W111×H31フィ−トの世界一大きいカメラ

世界一大きいカメラってどのくらいかご存知でしょうか?写真(物を写す事ができる)が撮れるというのをカメラと定義した場合のものですが、W111×H31フィ−ト(1フィートは30.5cm)のカメラがあるそうです。そんなバカでかいカメラなんてあるのかと思ってみて見ると、良く目にするカメラとは全く違う物でした。

bigphoto00.jpg

そのカメラは航空機の格納庫を改造して作られたというものです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

地下鉄の通風口を使ったレジ袋アート

どこからがアートでどこまでがアートと捉えるかは人それぞれだと思いますが、今日紹介する「The's Subway-Grate Shopping-Bag Sculpture」はレジ袋を地下鉄の通風口に結びつけて彫刻を表現したドイツ人のアーティストRichard氏のアート作品。

regibukuroart.jpg

ただ単にレジ袋は何でも言い訳ではなくアートと言うだけあってちゃんと意味も込められているようです。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年08月15日

人間で作られるヒューマンピクセルアート

第一次世界大戦の前に、アメリカは国家のアイデンティティの回復と愛国心を得ようとして作られた作品。下記のような写真を撮るために11台の14インチビューカメラを使ったそうです。

humanpix01.jpg
「人間の米国のシールド、1918」30,000人の将兵、キャンプカスター、バトルクリーク、ミシガン

こちらに形成しているのは予備兵などや軍人だそうです。かなり昔のものなので白黒写真しかありませんが、ものすごい数の人とものすごい規模には驚かされます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

砂浜に作られる、超ハイクオリティな砂遊び「サンドクラフト」

幼い頃、砂浜に作られる砂の城とかに憧れは抱いた事は無いでしょうか?今日紹介するのは、その砂遊びをアートにまで消化させたのが、サンドクラフトです。下記の写真のようにかなり大きなものまであり、実際見たらこれ本当に砂で作ったのかと思わされるクオリティの高さです。

sandart.jpg

こんな物本当に作れるのかと思うほどの細部まで作り込まれています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

もし火が水だったら…を描いたアート「If Fire Were Water」

もし火が水だったら…そんなこと考えた事もありませんでした。既成概念を打ち破られた感じです。普段暑いと思っている物を普段冷たいと思っている物で見せられるのはとても不思議な感覚になります。

lfire01.jpg

上記写真のように本来ならば燃え盛る炎がある所に水が流々とながれているそんなアート写真が今回紹介する「If Fire Were Water」です。公開されている枚数は4枚と少なめですが違う世界を味わえる作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2007年08月14日

ドローソフトで描かれる超リアルアートの描き方

少し前からネット上でも、ちょっと話題になっていたphotoshopやその他ドローソフトで描かれる超リアルなまるで写真のような絵があります。有名なとこでは「お絵描き共和国: リアル絵専用 - お絵かき掲示板」なんかでこちらではクリエイターの方たちが自身が書いた超リアルアートを披露してくれています。下記の画像もなんと写真ではなくドローソフトで書かれた画像です。

rialguiterlist.jpg

平面のグラフィックしかできない自分にはできない芸当で描き方も詳しく解説はできませんが、このリアルアートを描いている過程が動画でいくつか公開されていますのでまとめて紹介したいと思います。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 11:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | Creative

世界一高価なスイーツ「The Fortress Aquamarine」

以前宝石のみで作られたスイーツ「ダイヤと金で作られた100万ドルのアイスクリーム」を紹介しましたが今回紹介するのは実際に食べられる部分もある超高価なスイーツ「The Fortress Aquamarine」。お値段はなんと1万4500ドルとなっていて日本円で約170万円という値段で販売されています。

Desserts-01-g.jpg

写真を見るかぎり高価そうですがそこまでの値段がするとは思えませんが一体どんな秘密が隠されているのか?

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative