2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年08月28日

プラスチックで作られたガイコツ「Plastic Utensils Sculptures」

DesignWorksでもこれまでにたくさん紹介してきた、身近なものでアートを作りだしてしまうアーティストの感性には、よく驚かされています。今回もまた、非常に身近なアイテムで独創的な世界を造りだしてしまう「Plastic Utensils Sculptures」を紹介します。

dw_0828_gaijkotsu_1.jpg

驚くほどに正確かつリアルに作られたガイコツは、プラスチックのスプーンやフォーク、ナイフで作られています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年08月27日

ロボットがバンド!?ロックを演奏するロボット「robot rockband」

すでに実用化されている工業用ロボットをはじめ、二足歩行ロボットや介護ロボットなど、漫画やSFの世界でしか楽しむことのできなかったロボットが次々と現実化してきています。そんな中今回紹介するのが、ロボットがバンドを組んでロックを演奏するロボットバンド「robot rockband」です。

robot_01.jpg

フランスでロボットに関する研究やシステム開発を手がける「rhoban project」と「flowers」のコラボレーション制作となっており、ロボットによるエンテーテイメントを楽しむことができます。実際に演奏しているシーンのムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

科学本とイラストをコラージュしたアート作品

Designworksでたびたび取り上げている本を利用したアート作品。繊細な表現や斬新な表現に魅了されている方も多いのではないでしょうか?そこで今回紹介するのが、「科学本とイラストをコラージュしたアート作品」です。

book_01.jpg

この作品を手がけたのは、アメリカ人アーティスト・Thomas Allen氏。アートとは対局的な科学本や百科事典を利用した今までにない作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ロサンゼルスの夕暮れを満喫できる3分間ムービー「NightFall」

仕事帰りに見る夕日、隣にいる誰かと見る夕日など、シチュエーションによってさまざまな感じ方ができる夕暮れの風景。今回は、そんな夕暮れをテーマにした美しいムービー「NightFall」を紹介したいと思います。

nightfull_01.jpg

ロサンゼルス在住のフォトグラファー・Colin Rich氏によって撮影・編集されたムービーとなっており、ロサンゼルスの美しい風景を楽しむことができます。まずは以下より実際のムービーをご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む

タグ:Creative art
posted by admin at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年08月26日

水を使ったウィッグ・帽子アート「Exploding Water Balloons Create Hilarious Wigs」

人間のヘアスタイルも、アートのジャンルの一つ。美容師の手によってさまざまな形に変化し、私達を驚かせてくれます。しかし、今回紹介する「Exploding Water Balloons Create Hilarious Wigs」は、アーティストによって制作された水を使ったウィッグ・帽子アートです。

water1.jpg

スキンヘッドの体格の良い男性たちがモデルとなり、水を匠に操った色々な形のヘアスタイルや帽子が装飾されています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

来場者も一緒になって楽しめる、マジックアート展覧会「2012 Magic Art Special Exhibition in Hangzhou / China」

人間の目と言うものは曖昧なもので、光の影の具合で簡単に誤認識してしまい、それを利用したトリックアートと呼ばれる手法がありますが、今回紹介するのは、そんなアートを多数あつめた、マジックアート展覧会「2012 Magic Art Special Exhibition in Hangzhou / China」です。

china_interactive_exhibition_01.jpg

こちらは中国の杭州の杭州平和国際フォーラムで行なわれた、エキシビジョンで観客はただ見るだけではなく、絵の一部となって楽しむ事ができるというものになっています。会場の様子がまとめられた動画がYoutubeに公開されていましたので下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年08月25日

煙を使って描かれたアート「Mind Blowing Smoke Art」

火や熱を持った熱いものから立ち上る煙や湯気には固定の形がなく、常に形状を変化させながら目の前から消えていってしまいます。そんな儚い存在とも言える煙を使って描かれたアート「Mind Blowing Smoke Art」を、今回は紹介したいと思います。

smok01.jpg

Mehmet Ozgur氏手がける、煙の形を匠に利用して、さまざまな物体をモチーフにした絵を描いた、どこか幻想的な雰囲気も漂うアート作品です。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

レーザーカッターで作る展示会キット「SUB-STUDIO NYIGF FRAMES」

クリエイター・アーティスト・ブランドなどなど世界中で行なわれている様々なプロダクト、アイデアを広めるための展示会。自分たちを理解してもらう場として、実際の商品を見せられるという点で、WEBとはまた違った手法のPRの方法ですが、その展示会も、飾り方や空間の作り方で大きく印象が左右されます。今日紹介するのは、レーザーカッターで作る展示会キット「SUB-STUDIO NYIGF FRAMES」

frame2.jpg

通常、絵を飾るための額や、展示物を乗せておくための台などにもそれなりのコストがかかるもので、こだわっていけばなおさらなのですが、この「SUB-STUDIO NYIGF FRAMES」は、一枚の木をレーザーカッターで切り出す事で装飾をしっかりと施しながら、材料費などの削減を実現しています。いくつか展示の様子と、実際のフレームが公開されていましたので下記からごらんください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年08月24日

クレヨン本体を使って描かれたアート「Christian Faur’s Crayons Are Tops」

絵画やアート作品に色を付けるための道具には、さまざまな種類が存在しています。それぞれのアイテム本体から色が抽出され、彩色がされていくのが通常ですが、今回紹介する「Christian Faur’s Crayons Are Tops」は、本来色を付けるはずの道具自体を使って描かれたアート作品です。

cre01.jpg

カラフルなクレヨンを無数に並べ、大きなサイズで人物の症状画をリアルに再現しています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ミニチュアな世界観が楽しめるフォトアート「Box」

小さなフィギュアや模型を使って、ミニチュアな世界観をさまざまな形で楽しむ方が増えています。そんな中今回紹介するのが、実物の人間を撮影しながらもミニチュア感溢れる雰囲気を楽しめるフォトアート「Box」です。

box_01.jpg

ニューヨークを拠点に活動するフォトグラファー・Coke Wisdom O’Neal氏による、実寸大の撮影でミニチュア世界が表現されたユニークな作品となっています。フォトアートの解説ムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative