2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年04月24日

ライトが爆発する瞬間を捉えたフォトアート

国内で生活していると、日々の生活の中で命の危機感を感じるということは少ないと思いますが、その分平和なことが当たり前になっているかもしれません。そんな中今回は、危機感の中から平和なことのありがたみを実感できる、斬新なフォトアートが公開されていましたので紹介したいと思います。

light_01.jpg

Herczeg氏とDaniele Kaehr氏によるアートチームによって制作された、日常の風景の中に危機感を表現したユニークな作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年04月23日

ダンボールを重ねて制作された3Dアート「Giant 3D portrait of carpets」

引っ越しや荷物の整理に利用されるダンボールは、紙の優しい質感を楽しめる家具やインテリアにも利用されており、利用用途の幅広さを感じられる素材です。今回紹介する「Giant 3D portrait of carpets」は、そんなダンボールを利用して制作された立体感の美しいアート作品です。

giant_02.jpg

Brian Frandsen氏とデンマークでデザインを勉強する学生たちの協力によって制作された、多方向から楽しめる3Dアート作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

飽食の時代を考えるフォトアート「One Third by Klaus Pichler」

日本を含めた世界の先進諸国では、いつでも食べたいだけ食べ物を手にすることができます。しかし、世界中の国々に目を向けてみると、一日一食の食べ物すら手に入らず、飢えに苦しんでいる人々がたくさんいます。今回紹介する「One Third by Klaus Pichler」は、そんな食料の不均衡を表現したフォトアートです。

onethird_01.jpg

オーストリア出身のフォトグラファー・Klaus Pichler氏による作品となっており、残った食料が辿る終末が見事に表現されています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年04月20日

LEGOが町を彩る!「LEGO Festival of Play」

子どもから大人まで、世界中の人々に広く愛され続けているLEGO。アートの世界でも、作品の素材として使われたりと活躍を見せてくれています。そんな中今回は、町をレゴで彩ったイベント「LEGO Festival of Play」を紹介したいと思います。

lego.jpg

オーストラリアにLEGOがやってきた50周年を記念するイベントで、さまざまな催しが2012年12月まで開催されているのだそうです。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年04月19日

葉を利用したドローイング「Drawing with Leaves」

子どもたちと一緒に時間を過ごすと、雲や葉っぱをはじめとした自然の織り成す風景から、人や動物などの形を連想する姿を良く見かけ、その自由な発想力に驚かされます。今回紹介する「Drawing with Leaves」も、その一つ。葉の形から連想されるさまざまな人の表情が表現されたユニークなアート作品です。

leaf_01.jpg

オーストラリアのweb&グラフィックデザイナー・William Rainbirdの作品となっており、葉っぱから連想される人々の表情を楽しむことができます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

影から存在意義を感じられるアート作品「Shadow Photography」

太陽や光によって姿を見せる影は、人や建物があるからこそ存在するもの。しかし今回紹介するアート作品「Shadow Photography」は、誰もいないところに人の影が存在するというユニークな作品です。

shadow_01.jpg

スペイン出身でアーティストとしても、フォトグラファーとしても活躍するクリエイター・Pol Ubeda Hervas氏によって表現された作品となっており、影だけが独立して存在する不思議な世界観を楽しむことができます。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

さまざまな素材で表現されたエルメスのロゴマーク「"Petit h" Hermès」

世界を代表するファッションブランドの一つ・エルメス。その洗練された美しさに、魅了されている方も多いのではないでしょうか?そんな中今回は、エルメスの代名詞とも言えるロゴマークをさまざま素材で表現したムービー「"Petit h" Hermès」が公開されていましたので、紹介したいと思います。

hermes_01.jpg

パリを拠点に活動するクリエイターMary Clerté氏とEdouard Bertrand氏による作品となっており、エルメスの華やかな雰囲気を楽しめます。まずは下記より実際のムービーをご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年04月18日

インクの中を泳ぐLEGOサーファー「Surfing LEGOs」

LEGOを利用したさまざまなアート作品は、今まで誰も体感したことがない新しい世界を見せてくれます。今回紹介する「Surfing LEGOs」も、その一つ。インクとレゴの人形が織り成す神秘的な世界を楽しむことができます。

legosurf_01.jpg

この作品は、イタリアのフォトグラファー・Alberto Seveso氏の作品となっており、ハイスピードカメラを利用して撮影され、瞬間の美しさを見事に捉えています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

ワイヤーの濃淡で表現されたアート作品

画材に捕われない斬新な表現を楽しめる現代アート。素材を決める創造力の高さや繊細な描写には、いつも驚嘆させられます。そんな中から今回は、メッシュワイヤーを利用して制作されたアート作品を紹介したいと思います。

wire_01.jpg

韓国人アーティスト・Seung Mo Park氏によって制作された作品となっており、何重ものメッシュワイヤーが織り成す濃淡の世界を楽しむことができます。実際に制作している風景のムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2012年04月17日

ネジを使って立体的に描かれたアート「Stunning New Screw Portrait」

小さな素材を集めて作られるアートは数多く展開されており、想像もできないようなクオリティや表現に驚かされる事も多いと思います。そんな中今回紹介するのは、ネジを使って立体的に描かれたアート「Stunning New Screw Portrait」です。

pin.jpg

Andrew Myers氏が手がける、たくさんのネジと油絵を融合させた新しいアート作品となっています。インタビューと制作風景を収めたムービーが公開されていましたので、まずは下記よりご覧下さい。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative