2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年02月12日

二進法を分かりやすく表現したアートプロジェクト「Binary Counter」

私たちの生活の中に密着しているパソコンは、二進法の「0」と「1」の信号で構成されていますが、原理がわからなくても手軽に誰でも使えるようになっています。また学校で習う二進法の原理が難しく、つまずいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、現在私たちが使用してる計算方法の結果を、二進法で表すことができるアートプロジェクト「Binary Counter」が公開されていましたので紹介したいと思います。

binary_01.jpg

どの数字を組み合わせても、すぐに計算結果を表してくれる、でも見た目はとってもアナログで、その二つのコントラストがユニークなアートプロジェクトとなっています。実際に計算している様子の動画が公開されていましたので、以下からご覧下さい。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2011年02月11日

立体的に見えるアートを用いた プリンターのプロモーションムービー「Samsung Printers: Optical Illusion」

家庭用プリンターの性能も刻々と進化し続けており、家庭でも高画質な印刷が可能になっていますが、今回は、立体的に見えるアートを用いたプリンターのプロモーションムービー「Samsung Printers「Optical Illusion」を紹介したいと思います。

oill_01.jpg

一見、紙に写真が印刷されたように見えますが、実は一部は実際にその場にある本物。よりリアルな表現が可能だというプリンターの高性能さをアピールしたムービーとなっています。実際に公開されていましたので、下記よりご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

精巧に作られた空き缶リサイクルアート「miniature cars」

環境問題が叫ばれる中、さまざまなアーティストが環境に関するアート作品を発表し、環境への意識改革を進めています。今回は、リサイクルが大きく叫ばれている空き缶を、ミニチュアカーオブジェに変身させたリサイクルアート「miniature cars」を紹介したいと思います。

minicars_01.jpg

細かいパーツなども空き缶を利用して作られており、見る人を驚かせると共に楽しませてくれるアート作品となっています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

環境のつながりを伝える WWFのワイヤーアートCM「We Are All Connected」

環境保護が世界各国で重要視されており注目を集めていますが、そんな中でも世界約100ヶ国で環境保全活動を展開している「WWF」の、環境に対するイメージムービー「We Are All Connected」が公開されていましたので紹介したいと思います。

wire.jpg

地球上の全ての生き物のつながりを誰にでも分かりやすく、アーティスティックに表現したCMとなっています。以下よりまずはムービーをご覧下さい。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2011年02月10日

文字タイプを利用した壁紙「4 Cool Letter Wallpapers」

部屋の中で最も大きな面積を誇る壁面のデザインは、空間に大きな影響を与えます。色や質感はもちろん、素材や柄にまでこだわりたいもの。そこで今回は、アルファベットを使い壁に大胆にデザインが施された「4 Cool Letter Wallpapers」を紹介したいと思います。

wpapers_01.jpg

フォントをただ並べるのではなく、計算されたバランスで、グラフィック性の高い一つの作品として仕上げられています。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

拡張現実を使い写真集を魅力的に演出「streetartlove.rs」

日本でも最近は頻繁に「拡張現実」についての記事が取り上げられるようになり、広く定着しつつあります。そこで今回は、写真集ももっと魅力的に楽しむことができる「拡張現実」を使った「streetartlove.rs」を紹介したいと思います。

street_01.jpg

写真集の中の1ページをスマートフォンで映しだすと、アートと連動して画面の中が動き出し、新しい情報を入手できるようになっています。使用状況の動画が公開されていましたので、以下からご確認ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2011年02月09日

プロジェクションで作るリアルな飛び出す絵本「The Ice Book」

国外では多くの事例があるプロジェクション。建築物をスクリーンとして、光と影を使って、元々の建築物の形を活かした様々な表現をするものが多いのですが、今回紹介するのは、紙をベースにプロジェクションを行う、プロジェクションで作るリアルな飛び出す絵本「The Ice Book」です。

Untitled-3.jpg

基本はまっ更な紙に、少しだけ立体物があるというような物になっていて、そこに様々な動きを映しだすというものです。実際の動画がvimeoに公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

虹を描く印刷機「Robo-Rainbow By Mudlevel」

日本でも様々な伝承や伝説がある虹。世界的にも広く認知されている現象のひとつですが、今回紹介するのはそんな虹を描くための印刷機「Robo-Rainbow By Mudlevel」です。

Robo-Rainbow-By-Mudlevel-image1.jpg

水と光を使って、虹を生み出すわけではなく、6色のペンキを吹きつけながら弧を描き、壁に実際に描き出すというものですが、夢のあるアイデアだと思います。実際の描いているシーンをまとめた、映像がvimeoに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から

続きを読む
posted by admin at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
2011年02月08日

顔の形で音を奏でる「Face Visualizer by Daito Manabe」

音を表現するには色々な方法がありますが、今回紹介するのは顔の形を変える事で、様々な音を奏でるサウンドパフォーマンス「Face Visualizer by Daito Manabe」を紹介したいと思います。

artface.jpg

こちらは上記のように、顔にいくつかのセンサーをつけ、顔の形を読み取って音を鳴らすという仕組みみたいです。実際演奏されているシーンが、YouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から続きを読む
posted by admin at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative

トイレットペーパーの芯を利用したアートスカルプチャー「Toilet Paper Roll Sculptures」

多くの国で利用されているトイレットペーパー。芯があり、それを中心に紙を巻きつけてあるものが国内でもよく見るタイプだと思います。今日はそんなトイレットペーパーの芯を利用したアートスカルプチャー「Toilet Paper Roll Sculptures」を紹介したいと思います。

tpart01.jpg

主に、顔が描かれていて、トイレットペーパーの芯を切ったり貼ったりはせずに、そのまま潰したり折り曲げたりして造形しているみたいです。いくつか作品が公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

続きを読む
posted by admin at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative